FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラフト的なイベントのディスプレイ

実際にイベントでお会いした事のある方はお分かりかと思いますが
我々ねじネジは、ディスプレイは可能な限り手作りで仕上げています。
基本的にイベントで貸し出されている備品は使用していません。

既製品を使っても良いのですが、
「あ、○○で売っているやつだ」と思われるのが悔しいのと
ブース全体のイメージ作りって、商品の売り上げに直結するどころか
むしろこっちの方に心血を注いだ方がいいのでは?と思える程、
そういった場面作りの必要性に何度も直面してきたからです


ねじネジまだまだ発展途上。

ディスプレイ、パッケージ、衣装・・・
空気作りって商品と同じか、もしくはそれ以上に気にしなければなりません。
もちろん商品も全力で作ってますよ


イベントの多くは丸1日ブースに立っている日が2日間続くので
顧客心理、みたいなものに気づかされる事が多々あります。

屋外ならパッケージングされた商品の方が見本商品より手が出されやすかったり、
鏡があると客足をより長く留めるのに一役買います。
平面を強化するのも大事ですが目線より上、見上げる高さに何かあると、
後々になっても覚えていてもらえ易いです。・・・などなど。

なるだけ世界観に入っていて欲しいので、
お客様どうしがぶつからない様に気を配ったり
ブース自体の色は少なめ(多くても3色。が目安)にして目線を誘導しやすく意識してます。
それとありがちなのが展示台、展示方法。
手に取ろうとした商品のディスプレイが不安定でグラついているとお客様はすぐ遠のくんですよね。



最近流行りのコラボ出展も
出展費を安くできたりブースの彩りを豊かに出来たりとメリットはありますが(何より楽しいし・・)
ブランドどうしの関連性が薄い場合は
たくさん売る事や、百貨店さんやバイヤーさんに声をかけてもらうのが目的なら避けた方がいいと考えてます。

ねじおも作家同士の交流が好きなのでよくコラボ出展をしていたのですが、
不思議なもので、売り上げは一人で出る時の大体半分になります。ショップカードや名刺の減りも著しく下がります。
これもきっと、パッケージやディスプレイと同じ、空気感作りなんですね。

特に女性ユーザーの多いブランドは、女性の方が全体のバランスを認識されているせいか
顕著にこの傾向が現れます。
(逆に男性は一点を重視したオーバースペックなものがいいです、商品にしてもディスプレイにしても)




と、偉そうに言ってますが
もちろん、我々のブースもまだまだ足りない事だらけなのです
やりたい事は数あれど、現実問題はついつい商品優先、ディスプレイやパッケージ後回しになって
イベント前はバタつくんですよね。

そんな感じであれこれ悩みながら、只今新ディスプレイを考え中・・・

ねじおでした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねじネジ

Author:ねじネジ
「工業製品を楽しく、身近に」

nejinejiya.com

工業製品は美しい。
道具を使い始めた人類の手しごとが、コンマ何ミリの世界にまで洗練されたのが工業製品です。
身近なネジひとつ取り上げても、そこには長い歴史と機能美が詰まっています。

あくまで一部品であるが故に見落とされがちなその美しさを取り出して、楽しめるカタチにしました。
親しみやすい表情に生まれ変わった工業製品たちを、楽しく、身近にお楽しみください。

★twitter
https://twitter.com/nejinejitweet

★shop
*BASE
http://nejinejiya.base.ec/
*creema
http://www.creema.jp/c/nejineji

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。