スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ


☆★ イベント情報 ★☆


* 神保町いちのいち東京ソラマチ店 催事販売 *

開催日時 : 2018.05.25(金)~6/21(木)
 @神保町いちのいち 東京ソラマチ店
 H P: https://ichinoichi.books-sanseido.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=39&Itemid=160




☆★ 取り扱い店舗 ★☆

* 東急ハンズ横浜店
(横浜駅西口モアーズ7階)
 H P : 

スポンサーサイト

加賀ゆびぬき&ねじのコラボレーション

こんにちは。ねじネジです。

昨年の秋から、密かに進行していたコラボレーション企画がありました。
タイトルにも書いていますが、加賀ゆびぬきとのコラボです。

加賀ゆびぬきというのは名前の通りお裁縫に使うゆびぬきなのですが、絹糸で美しい模様を
描き出す工芸品でもあります。写真を見ていただければその繊細な美しさは一目瞭然ですね。

DSC_0919-01.jpeg 

可愛いけれど、どうしてゆびぬきとねじ?と疑問が湧きますよね。
今回のブログではコラボが実現するまでの経緯を記していこうと思います。


加賀ゆびぬきの作家さんで、書籍も出版されている寺島綾子さんから声をかけていただいたのを
きっかけに、今回の企画は始まりました。

加賀ゆびぬきの作り手の間には手間暇と愛情を込めた作品を持ち歩きたいというニーズがあり、
小さく作りビーズと組み合わせてアクセサリーにする等の工夫がされていました。
しかしアクセサリーに加工することが苦手な方も多く、紐に通すだけなどワンパターンに
なりやすいという課題がありました。

R0020742-01.jpeg 
(寺島さんがアレンジした加賀ゆびぬきのアクセサリー)

加賀ゆびぬきの講師でもある寺島さんは、そんな課題を解決できる工夫がないかとかねてより
着せ替えの工夫を探していました。
そして、ねじネジ屋のカラフルネジを見つけた時に、これだと感じたそうです。

ねじネジは意外なオファーに驚きましたが、繊細な美しさの加賀ゆびぬきを目にして
お役に立てるならと快諾。
一緒に着脱の工夫やパーツの選定など打ち合わせを重ね、今回コラボ商品のリリースとなりました。

DSC_0707-01.jpeg 
(特別に考案していただいたねじ模様の加賀ゆびぬき。と、ねじネジのロゴの加賀ゆびぬき!)

意外ながらも互いに新たな表現が広がる加賀ゆびぬき&ねじコラボ、どうぞご覧ください。
画像で着用例をご紹介していきます。

DSC_0982-01.jpeg DSC_0951-01.jpeg
ネジに通してナットをしめるだけなので、簡単に加賀ゆびぬきをアクセサリーにアレンジできます。
遊び心のあるデザインがポップに引き立ちます。


DSC_0927-01.jpeg DSC_0925-01.jpeg
ネジパーツがカラフルなので、色遊びの幅が広がります。
簡単に雰囲気を変えることができます。


DSC_0910-01.jpeg 
ネジは軽いため、ピアスなどにしても重さが負担になりません。


DSC_1033-01.jpeg
組合せ方はいろいろ。


DSC_1028-02.jpeg
現在展開しているネジのサイズはM4×15(写真左)と、M6×20(写真右)
無色透明/ブラックの2色があります。
ネジは2色ですが、ナットは様々な色を揃えています。

当分の取り扱いは寺島さんのお教室でのみの販売となります。
ぜひこちらから情報をチェックしてみてください。
 ブログ http://inuinunuinui.cocolog-nifty.com/ayakumapu/
 twitter https://twitter.com/amahiru




〈加賀ゆびぬき〉
~小さくて愛らしい裁縫道具~
金沢に伝わる「加賀ゆびぬき」の特徴は芯である厚紙に真綿を巻きつけ、表面は絹糸でかがります。
その模様は繊細で見る者の目をひきつけます。
かつて家族の着物を家庭で縫っていた時代。着物を作る時に使うゆびぬきも自分の指のサイズに
合わせて作り、その材料は着物を作る時に出たはぎれや余り糸でした。中でも加賀友禅の縫い子さんたちは
1年分の余り糸を集めて美しい模様のゆびぬきを作ったそうです。市販のゆびぬきの登場で、一旦姿を
消しかけた「加賀のゆびぬき」ですが今またその美しさ・愛らしさが注目されはじめ、全国に愛好家が
増えてきています。

〈ねじネジ屋〉
~工業製品を楽しく、身近に~
道具を使い始めた人類の手しごとが、コンマ何ミリの世界にまで洗練されたのが工業製品です。
身近なネジひとつ取り上げても、そこには長い歴史と機能美が詰まっています。
あくまで一部品であるが故に見落とされがちなその美しさをとりだして、気軽に楽しめるカタチで
提案するブランドです。
工業系のねじお&工場萌えのネジコ2名のユニット「ねじネジ」が運営しています。



お正月

あけまして

おめでとう

ございます

カラフルネジ&ナットで文字を書いてみました。
ねじお作です。

今年もよろしくおねがいします。

ねじネジ

偵察。神保町いちのいち池袋店

偵察。
と書きましたが怪しいことはしていません。

明日から催事を開催させていただく、神保町いちのいち池袋店さんに
ご挨拶に伺ってきました(^-^)

池袋駅直結の西部池袋本店をひたすら南へ南へ。
書籍館の1Fにお店があります。

20170706_01.jpg

カフェ併設の綺麗な店舗です。

20170706_02.jpg

カフェカウンター横の柱の1面が、明日からねじで埋まります。楽しみ♪

今回は夏に人気の樹脂封入系のアクセサリーをたくさん納品しています。IMG_r1mfr8.jpg

IMG_an65hf.jpg

ねじネジの樹脂アクセはカラフルに見えますが、使用している樹脂は無色透明です。
カラフルなネジを何本も入れているので、その組み合わせで全体として様々な色に
見えるんです。

同じ配色を選んでも、ネジのサイズや位置、重なり具合によって全く別の色に見えたり
します。作った本人でも見比べて楽しめるくらいですので(笑)
どんなネジが入っているのかお店でお手に取ってご覧ください(*´ω`)

催事が始まったらまた店頭の様子もご報告しますー。




DESIGN FESTA vol.45

こんにちは。
ねじネジです。

楽しい楽しいデザフェスvol.45が無事に終了しました。
ご参加ご来場の皆様、おつかれさまでした&ありがとうございました(^∀^)

東館開催になってどういう影響があるか、知り合いの出展者さんたちと
懸念していたのですが、全体的には今回よい結果に繋がったのではないかと
思います。

会場が大きくなったが故に通路のとり方やエリアの見分け方など、課題かなと
感じる点もありましたが、近隣ブースの出展者さんも皆感じの良い方ばかりで
販売品のレベルも高く、楽しく勉強になる2日間でした。

今回のデザフェスでは商品のパッケージやディスプレイを少しずつ少しずつ
できる範囲からではありますが工夫してみました。
それで、ちょっと効果があったように感じます。
お客さまに楽しんでいただけるブースになるよう、目を配る、気を配ることって
大切だなーと学びました。

IMG_x840u2.jpg

いつもの「ねじネジ屋」の看板。
今回も、通路を通るお客様からたくさんの「ねじ?」「あ、ねじ」などのお声を
いただきましたw

IMG_-fly17.jpg

陳列はこんな感じ。
少しずつリピーターさんも増えてきて、以前ご購入いただいたアクセサリーの
ことをお話してくださる方や、お連れの方に商品の説明をしてくださる方など
本当に本当にありがたかったです。

IMG_-9tllf6.jpg

7月に出展の博物ふぇすてぃばる!のチラシも配布していました。
(6月のクリマの案内も上部についているのですが、画像見切れました;
 ブース番号だけかろうじて写っています)
チラシは6/17・18のクリマや、7月に催事のある神保町いちのいち池袋店でも
配布します。

デザフェスを皮切りに、ここからが2017年のイベントシーズン。
たくさんのカワイイ・カッコイイねじをお届けできるように、頑張ります!




プロフィール

ねじネジ

Author:ねじネジ
「工業製品を楽しく、身近に」

nejinejiya.com

工業製品は美しい。
道具を使い始めた人類の手しごとが、コンマ何ミリの世界にまで洗練されたのが工業製品です。
身近なネジひとつ取り上げても、そこには長い歴史と機能美が詰まっています。

あくまで一部品であるが故に見落とされがちなその美しさを取り出して、楽しめるカタチにしました。
親しみやすい表情に生まれ変わった工業製品たちを、楽しく、身近にお楽しみください。

★twitter
https://twitter.com/nejinejitweet

★shop
*BASE
http://nejinejiya.base.ec/
*creema
http://www.creema.jp/c/nejineji

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。